「BONES 骨は語る」シーズン6 第22話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン6の第22話「心の傷」を見ました。
ついにブースとブロードスキーの対決に、決着がついた回でした。超遠距離から的確に狙える射撃の腕前を持つブロードスキー。ラボのメンバーがそれぞれの日常を過ごす姿が順番に映し出される演出に、嫌な予感はしていました。もしかしたらこの中の誰かが犠牲になってしまうのかと想像していた通り、なんと研究所の建物内にいたビンセントが撃たれて亡くなってしまいます。これがもう衝撃的すぎて受け止めきれず、しばらく呆然としてしまいました。
「ここが大好きだからずっといさせてくれ」という最期の言葉に、涙が止まりませんでした。まだまだあのふざけたトリビアをたくさん聞きたかったのに、本当に残念です。ブースとブレナンもずいぶん自分を責めていて気の毒でした。悲しみに包まれる仲間たちですが、ココナッツの歌を合唱しながら霊柩車を見送ったラストシーンは素晴らしかったです。どにもかくにも、ものすごく感情を揺さぶられたストーリーでした。カードローン バイト 審査